Q&A

革靴について

30年くらい前のビンテージのブーツはクリーニングできますか?

クリーニングできます。革のコンディションを判別し、表面だけの処理か、水洗いかどちらかの方法でクリーニングいたします。ほとんどのビンテージ商品は、革が若干硬くなっておりますので仕上げに革に潤いを与えています。

革の靴ですが、クリーニングできますか?

靴磨きとは違い、水で丸洗いしていますので靴の中の雑菌もきれいになります。

靴の中が黒ずんできました。クリーニングできますか?

クリーニングで汚れを除去する事はできます。黒ずみは汚れを皮脂汚れもあり、クリーニングでは黒ずみは除去できない事もあります。その場合は中敷きの交換をいたしております。

ヒールの部分に傷があります。治せますか?

革を巻いてあるヒールは、クリーニング後修復いたします。破れなど修復が難しい場合は革の交換もできます。
後ろから目立つ所ですので交換のご依頼がよくあります。革以外の素材でも張り替えは可能です。

購入時より色が黄色っぽくなってきました。クリーニングで治りますか?

いくつかの原因が考えられますが、一番多い原因は日焼けです。
クリーニングで汚れを除去します。
クリーニングでは治らない黄ばみは、色の修復をいたします。

猫のオシッコが付いてしまいました。除去できますか?

猫のオシッコは、革の主成分であるタンパク質を侵す性質をもっております。
水洗いでオシッコの成分を除去しますが、その際、革の大切な成分も抜ける事があり、革が硬くなるケースや型くずれをまねくケースがあります。

靴全体にカビが発生していました。とれますか?

水による丸洗いをいたしておりますので、カビは除去しています。全体にカビが発生している場合は、念の為、除菌作業を施し二重作業で除去しています。
ただし、クリーニング後、革にカビの跡が残るケースがあり、クリーニングでは改善されない為、色補正により修復いたします。

雨に濡れてシミになってしまいました。元通りになりますか?

ほとんどのシミは、水洗いによって除去しています。雨に濡れた後、放置された時間の経過したシミは、(雨のシミに限らず)黄変シミ(酸化したシミ)になっている恐れがあります。その場合はクリーニングでは改善されないケースが出て来ますので色補正により修復いたします。

クリーニング後、靴のサイズが変ったりしませんか?

クリーニング後、シューキーパーで型を整えながら自然乾燥していますのでサイズが変る事はありません。
ただし、型を整えておりますのでフィット感が変っている事がありますが、履いていただいているうちになじんできます。

つま先、かかとのキズ、スレキズは直せますか?

一度付いてしまったキズやスレキズは、元通りにはなりません。色補正による修復や、コーティングにより目立たなくする事ができます。

靴の内側もきれいになりますか?

水洗いしていますので、衛生的にはきれいになります。
皮脂汚れなどで黒ずんでしまったソールは、ご希望により張り替えもしております。