Q&A

革靴について

30年くらい前のビンテージのブーツはクリーニングできますか?

クリーニングできます。
革のコンディションにより、表面だけの水洗いか、丸洗いのどちらかの方法でクリーニングしています。
ビンテージ商品のほとんどは、革が少し硬くなっておりますので、
仕上げの際、革に潤いを与えコンディションを整えています。

革の靴ですが、クリーニングできますか?

水洗いしていますので見た目だけでなく靴の中の雑菌も除去しています。

靴の中が黒ずんできました。クリーニングできますか?

クリーニングはできます。
黒ずみは、皮脂や汗により黒く色変化していることもあり、クリーニングでは黒ずみの改善ができない事もあります。
その場合は中敷きの交換にて対応しています。

ヒールの部分に傷があります。治せますか?

傷は、元通りまでは難しいですが出来る限り治しています。
革が破れている場合などは、クリーニング後、巻き革の交換にて修復いたします。

購入時より色が黄色っぽくなってきました。クリーニングで治りますか?

いくつかの原因が考えられますが、一番多い原因は日焼けです。
クリーニング後、色補正にて黄色っぽさを目立たなくする作業になると思います。
起毛した革など色補正していない革もあります。

靴全体にカビが発生していました。とれますか?

水洗いと除菌にてカビは除去しています。
カビが革に浸透している場合は、クリーニング後、カビの跡が残ることがありますので、色補正により目立たなくしています。

雨に濡れてシミになってしまいました。元通りになりますか?

雨のシミは、水洗いにより目立たなくしています。
濡れた後、時間が経過しますと黄変シミ(酸化したシミ)になっている事があります。
その場合はクリーニングでは改善されないケースが出て来ますので色補正により修復いたします。
また、濡れたことで革がたわんでいたり型崩れが生じている場合、改善が難しいこともあります。

クリーニング後、靴のサイズが変ったりしませんか?

革水の水洗いは、日本で唯一、技術を数値化し公開しています。
水洗いいたしましても革への影響がないことも証明させていただいておりますので
革が縮んだり色が抜けたりいたしません。安心してご依頼ください。

つま先、かかとのキズ、スレキズは直せますか?

一度付いてしまったキズやスレキズは、元通りにはなりません。色補正による修復や、コーティングにより目立たなくする事ができます。

靴の内側もきれいになりますか?

水洗いしていますので、衛生的には綺麗になります。
皮脂汚れなどで黒ずんでしまったソールは、ご希望により張り替えもいたしております。