Q&A

毛皮について

ニオイが気になる

▼汚れをそのまま放置したり、高温、多湿下の保管はカビを発生させ、悪臭の 原因となります。
▼カビの場合、毛皮クリーニングでは水洗いが出来ない為、改善されません。毛や裏地にカビ跡としてシミ状に残る場合があります。

色が変わってきた

▼日光・蛍光灯による変色、空気中の酸素による酸化焼け致します。着用、保管中の光線によって、部分的、全体的に変色・退色していきます。
▼ホコリや汚れでクリーニング前には気がつかなかった日焼けが、クリーニング後に変色が目立ってくる場合がございます。

硬くなってきた

▼製品化された毛皮は年月を経ると、皮にもともとあった油質が酸化変性をし たり、なめし剤の酸が濃縮されて皮に影響を与え、硬化・破れの原因となります。
▼保管ミスによる硬化(理想的な保管条件は湿度50%、温度15℃以下)日焼け・酸化焼けしやすい素材です。

毛が抜けやすくなった

▼毛が抜けやすくなった品物は、地肌(毛根)部分が劣化している事があり、クリーニング作業にて毛が多少抜ける事がございます。
▼毛抜けの原因の一番は保管ミスによる虫食いが多くございます。
▼毛皮も他の衣類と同様に着用頻度に関わらず、年月が経つにしたがって傷ん できます。
退化現象を起こし毛根がゆるんでくるため、毛が抜け易くなります。
▼着用中、保管中によるスレにより摩擦が重なり毛が擦り切れ、その部分だけが毛が薄くなることがあります。又、刺毛が折れたり切れたりして無くなっていきます。