革水が選ばれる4つの理由
革水からのお知らせ
2020/10/1310月17日(土曜日)臨時休業のお知らせ

作業工程

1. 検品

スエードの状態、表面の革のコンディションを確認し、一番良い洗い方を検討します。

2. クリーニング作業

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

3. ●●●

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

4.完成

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト


1. 検品

ムートンの状態、表面の革のコンディションを確認し、一番良い洗い方を検討します。

2. クリーニング作業

丸洗いもしくは、全体をパーツごとに手作業で汚れを落としていきます。

3. 仕上げ

自然乾燥後、ボア部分の毛並みを整え、革に潤いを与えます。表面の艶、色ムラ等は、お客様のご希望に合わせて仕上げを致します。


1. 検品

革コートのコンディションを拝見し、洗い方を検討します。

2. クリーニング作業

汚れの浸透があり、丸洗いクリーニングをしています。革に必要な油分・水分のバランスを整えます。

3. 完成

型を整え、自然乾燥後仕上げます。


1. 検品

財布は、手の皮服汚れの付着が多く、油汚れを落とす洗剤を使用いたしております。

2. クリーニング

ほとんどの財布は、芯に紙を使われていることが多いため、丸洗いは型くずれを起こします。表面を時間をかけて洗い上げます。

3. 完成

型を整えて、自然乾燥し、仕上げに潤いを与えます。


1. 洗い

革ジャンバーのコンディション、汚れやシミの状態を拝見しダメージを与えないように洗います。

2. 汚れやすいポイントを入念に!

襟(エリ)・袖(ソデ)口・裾(スソ)など、汚れが目立つ所は入念に洗います。

3. 汚れチェック

浮いてきた汚れを除去し、全体の落ち具合を確認します。

4. 乾燥、仕上げ

型を整え、自然乾燥し仕上げます。


1. 検品

商品がスエードな為、色止めのレベルを確認し、一番良い洗い方を検討します。

2. クリーニング作業

革に含まれる油分が出やすい為、なるべく逃さない様、オリジナルの水で丸洗いいたします。

3. 完成

型を整え、自然乾燥し、革に潤いを与えて完成です。


1. 作業工程

検品後、毛の汚れやシミ等を浮き上がらせていきます。

2. 作業(1)

毛の浮き上がった汚れやシミ等の除去を行っていきます。
(裏地も同様に除去作業を行います)

3. 作業(2)

裏地のシワを伸ばしていきます。
(折れジワは繊維が折れております為、完全には伸びない事もございます)

4. 仕上げ

全体を最終チェックしていきます

5. 完成

毛さばきが損なわれていないかの確認後、完成。
潤いを与える事でフワフワ感が戻ります。


1. 検品

つま先やカカトの状態、又は型崩れや汚れの状態を確認し、洗いの工程を検討します。

2. クリーニング作業

表面も含め、内側の汗や汚れを十分水洗いします。

3. 完成

型を整え、自然乾燥後、仕上げます。


1. 検品

つま先やカカトの状態、又は型崩れや汚れの状態を確認し、洗いの工程を検討します。

2. クリーニング作業

表面も含め、内側の汗や汚れを十分水洗いします。

3. 完成

型を整え、自然乾燥後、仕上げます。


1. 検品

商品がスエードな為、色止めのレベルを確認し、一番良い洗い方を検討します。

2. クリーニング作業

革に含まれる油分が出やすい為、なるべく逃さない様、オリジナルの水で丸洗いいたします。

3. 完成

型を整え、自然乾燥し、革に潤いを与えて完成です。


1. 検品

製品の汚れ具合により、一番いい洗い方を検討します。

2. クリーニング作業

生地や革を痛めない洗浄液で丸洗いしています。

3. 完成

型を整え、自然乾燥したら完成です。


1. 検品

製品の汚れ具合により、一番いい洗い方を検討します。

2. クリーニング作業

生地や革を痛めない洗浄液で丸洗いしています。

3. 完成

型を整え、自然乾燥したら完成です。